BLOG DELIRIOUS!!!

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
どんだけ遅い更新かというかんじでございますが
こんばんは。まゆっぺです。

DELIRIOUS!!!Vol.3、ご来場くださった皆様、本当にどうもありがとうございました!
て、もう読んでくれてる人いないかもしれませんね!笑
でもいいや、ちょっと書きたい気分なので書こうと思います。

DELIRIOUS!!!Vol.3 on 2006/6/10。
いやぁー、楽しかったです!
個人的には、Vol.1の時の自分のあまりの勝手のわからなさ加減、
Vol.2の時の自分のあまりのふがいなさ加減、
これらを経験した上でのVol.3ということだったのですが、
今回はもう楽しくてしかたありませんでした。
いつも遊んでいる県外の友達がたくさん来てくれたのも、
心落ち着けて楽しめた理由のひとつだったように思います。いつもありがとう。

そして今回がDELIRIOUS!!!2度目の出演だったSKYBEAVER。
この人たちから声がかからなかったら、こんな楽しいVol.3を迎えることができなかったわけで。
本当に心から感謝です。大好きです。

茨城のバンドMCKにfrom this place。
緊張の色が見えていたけど、どちらのバンドも涙モノの素晴らしいアクト!
ソニックの店長さんも、茨城にこんなバンドいるんだねーおもしろいねーって
言ってくれてましたよ!

DUGOUT。
心も体も踊りっぱなしの、ホントに楽しいアクト。
レコ発というとてもいい機会に、イベントに出演してもらうことができて、
本当に嬉しかったです!
また茨城来てほしいです。

deepsea drive machine。
度肝抜かれてる人多数でした。
MCのない、緊張感あるライヴ。
息するのも忘れてしまいそうな、ぐああああっと来る音符とリズム。
ライヴで聴くと感動すら覚えます。
deepseaも新しい音源を引っ提げての来県でした。
また茨城来てください!

そして最後はBROKENSPACE。
もーーーーー鳥肌!感動!
音源だと、おとなしい音を想像するかもしれないけど、
ライヴは全然違うんす。
飛ぶし暴れるし(笑)。
すーげーカッコイイ。
そしてあのメロディーセンスは、完全に超日本人級です。
いやね、このバンドはほんと観たほうがいいよ!

そういえば毎回、バンド側からの持込がなければ、わたしセレクトの曲を
転換中にかけていたんですが、今回は特別に(?)それを公開してみようと思います。

2006/6/10 DELIRIOUS!!!

Sparkle!!! / The Bandwagon
Country Hell / The Cardigans
Perfect Tail / Comeback My Daughters
Super Soul Meetin' / YOUR SONG IS GOOD
THE BACK DOOR TO HEAVEN / Cornelius
Good Enough / Dodgy
Dive Into The Night / Meton Milk
Tender / Feeder
If You Were There / The Isley Brothers
As Soon As I Find Out / Big City Rock
Don't You Get Cruel / PESELA-QUESELA-IN
Sitting Around Keeping Score / Spymob
Perfect / Fairground Attraction
RELAXIN' / Your Song Is Good
Yeah Yeah Yeah Yeah / The Wellingtons
ふたり [stereo mix] / クラムボン
Sci-Fi Music All Night / Avengers In Sci-Fi
スロウモーション / ワンノート

※曲名 / アーティスト名


そんなこんなで、打ち上げ、そして朝まで、本当に楽しく幸せなDELIRIOUS!!!でした。


こんなようなアガった気持ちで、「イベントを主催する側」からいちど離れることは、
ちょっと惜しいような気がしなくもないけど、
やり残した感があるわけでもなく、全然スッキリしています。

「イベントやらなきゃ死ねない」(←今考えるとスゴイ!笑)、から始まって、
最初は色んな意味でツライ気持ちが多かったけど、
あれから約1年、ずっとイベントのことを考えている日々は、幸せだったように思います。

開催3回のあいだに、イベントに遊びに来てくれたお客さん、どのくらいいるのかな、
もしかしたら100人もいかないかもしれないけど、ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいで、
全員のおうちを菓子折り(れんこんサブレー等)を持って回りたい気持ちは山々なのですが、
それも大変なので、この場を借りてお礼を言いたいと思います。
本当にどうもありがとうございました。
音楽を通じてすこしでもあなたと共感できたこと、本当に嬉しく思います。

音楽っていいよねーライヴっていいよねーやめられるわけないよねー!!!

いやもう本当にそう思うんですよ。たとえ誰にも理解されないとしても。←暗

ここまでガガガガガっと、音楽に、イベントにハマったのには、まあいくつか理由はあるのですが、
やはり大きいのは、大好きなバンドBEAT CRUSADERSのヒダカさんが
去年あたりのライヴでしきりに言っていたこの言葉:

「このままじゃ日本のロックはつまんなくなるぞ!!!」

これです。

量産されたような音楽が氾濫する現在、
ビークルは、まずは自分たちが世間に認知されるように仕向けて
(っていうと悪いことみたいだけど!笑)、
素晴らしいのにまだまだ認知度が低いバンドを誘ってイベントやツアーをやることによって、
面白い音楽を広めよう、残そう、っていう動きを、メジャーデビュー後ずっとやっているように思います。
っていうか、やっています。
わたしはその姿勢を心から尊敬し、共感してる。
そういうところも含めて、世界で一番好きなバンドはビートクルセイダースだ、って思うんです。

わたしは別にメジャーデビューしてないけど(笑)、素晴らしいアーティストを見つけると、
是非我が地元茨城でライヴをしてもらって、広まるといいのになぁと思ってきました。
それプラス、地元のバンドをそういったバンドや初見のお客さんに
紹介してゆきたい、また逆も然り、みたいな。
それを現実のものにできたのがDELIRIOUS!!!です。
DELIRIOUSというタイトルは、実はビークルの曲のタイトルでもあります。
少しでも、ほんの1ミクロンでもいいから、
茨城で鳴るロックをこれまで以上におもしろくするためのきっかけや刺激を
与えることができていたとしたら、
これまでの3回のDELIRIOUS!!!は大成功でした。

わたし、そのバンドのメンバーがいい人だからとか、
ヴォーカルのあの人が気に入ったから、とかで、
そのアーティストのライヴに行く、とかないんです。
その人に会いにいっているわけじゃないから。
そんなことよりも、自分の「聴く耳」を信じてる。
わたしは、どんなかたちでもいいから、そのアーティスト自身というものが
その人が創りだす音楽に乗っかっている、そういう音楽が好きです。

音楽が好きだと言うのなら、履歴書の趣味の欄に「音楽鑑賞」と書くのなら、
もっともっと、音楽を聴きましょう。わたしも聴きます。
もっともっと、音楽が鳴っている現場に足を運びましょう。わたしもそうします。

茨城の音楽シーンて、なんていうか、うーん、盛り上げづらいなー、って正直思っています。
でも茨城うまれ茨城育ち茨城在住ゆえ、やっぱ大好きな【音楽】でつながれる人が
身近にいるといいなーと思ってやまない。
決して内輪ノリじゃあなくて、もっとドバドバドバっと広がっていくかんじの。
イベントはやめるけれど、そういう広がり感を目の当たりにできるよう、
もっとわたしらしくてお金のかからないやり方(リアル!笑)を
見つけられるといいなと思ってます。

それまで、さようなら。
これまで応援してくれた皆様、本当にありがとうございました。
またどこかで会いましょう。
DELIRIOUS!!!Vol.3は今週土曜日。
あいかわらずライヴ三昧な日々を送っていますわたしです。こんばんは。
あいかわらずとは言え、ちょっとした生活の変化を迎えようとしており、
先週今週はちょいちょい忙しく過ごしておりますです。

6月3日は、10日のデリリアスに出てくれるdeepsea drive machineを観に、
千葉LOOKへ行ってきました。
deepseaは1番目の出演。
一緒に観にいった、deepsea初観の友達も、終始すげーすげー言ってました。
とにかく凄まじくて、とくにドラムが神がかってました!
流れるような、激しさ。相当アツイです。
ドラゴンボールが7個集まってしまったかんじのライヴでした(謎)!
個人的には、これまでの好みとは違った音楽を色々と開拓・物色・探索し始めたこともあり、
四つ打ちミュージックからはやや離れ気味なのですが、
四つ打ちダンスミュージックで踊る気持ちよさは忘れていませんよ。
本当にかっこよく、楽しいライヴでした。
実はこのバンドも、デリリアスVol.1から声をかけさせてもらっていたバンドなのです。
続けていくということは、こういうふうにひとつずつ夢が叶うということに繋がるのですね。
しかもレコ発というまたとない好機に茨城に来てもらえることになって、本当に嬉しい!
10日が本当に楽しみです!

追加メンツとして決まっている、茨城のバンドだけど水戸では初(だったかな?)ライヴとなる
from this place、MCKのライヴアクトにも要注目です。
どちらのバンドも、主につくばや柏、都内でのライヴがメインで、
水戸ではライヴをする機会にあまり恵まれないそうです。
そういったバンドを水戸に呼ぶことは、少しは意味のあることなんじゃないかな、と思って、
わたしは県南とかのバンドさんにも声をかけています。楽しいです。

そんなこんなのDELIRIOUS!!! Vol.3は、6月10日(土)18時開演です!
チケット予約絶賛受付中です!→ delirious_sound@yahoo.co.jp
6月のが終わると、しばらくの間(というか多分ほんとに長い間)、
DELIRIOUS!!!開催の予定がありません。
そういうこともありますので、特にココをいつも見てくれている皆さんには、
今回のDELIRIOUS!!!にぜひ足を運んでいただきたいと思っています。

どうぞよろしくおねがいします。お待ちしてます!
DELIRIOUS!!! Vol.3
次回のデリリアスは6月10日!
現在出演が決定しているのは
BROKENSPACE
SKYBEAVER
Dugout
です。

他にも、地元バンドを中心に絶賛ブッキング中です。

なんと言ってもBROKENSPACE!
BEAT CRUSADERSのヒダカさん、カトウタロウとともに、
GALLOWというネオアコバンドでも活躍中の、
岩原さん率いるバンドです。
しかも岩原さんはごく最初のころのビークルのメンバーだったという経歴の持ち主。
さらにペセラケセラインというバンドも、ヒダカさんと一緒にやっていた、という・・・

・・・やばいす。わたし的に。

ビークルのカヴァーアルバム「MUSICRUSADERS」をお持ちの方、
最後の「REALITY」で、ヒダカさんと一緒に歌ってるのが岩原さんですよっ!!!
そんな人のバンドが茨城に・・・!
泣いちゃうしかなくないですか?嬉しすぎて。

ええーっと、ヒダカヒダカ言い過ぎですか?
すいません(笑)!

BROKENSPACEは、4月26日に、待望のアルバムをリリースします。
初のアルバム、その名もズバリ「BROKENSPACE」。
聴かせていただいたのですが、もう本当に大傑作です!
1枚目のアルバムのタイトルに、自らのバンド名をつけてしまうだけのことはあるな、と。
メロディーはものすごく正統派、でもぷーんとにおってくる
さまざまなスパイスの香りからは、
メインで曲づくりをしているフロントマン岩原さんの、
枠にとらわれることのない、
音楽とのステキな付き合い方がありありと見えてくるかんじです。
スイートで優しいヴォーカルもナイス。
もちろんバンドとしての完成度も、!!!であります。
これはもうホントにライヴが楽しみ!!!!!

そんなブロスペを茨城に呼ぶきっかけを与えてくれたのは、
ブロスペとはTHISTIME RECORDSのレーベルメイトで、
DELIRIOUS!!! Vol.1にも出演してくれた、SKYBEAVER。
わたし、この人たちの音楽、本当に大好きです。みんなに聴いてもらいたい。
そんなスカビ、2月には、UMUさんのバンドやSHORT CIRCUIT、heを招いての
自主企画を行なったり、月1のスタジオライヴを行なったりと、
ツアー後もマイペースながらライヴ活動を行なっています。
また水戸きてくれるのは嬉しいですね!
新曲も聴けるんじゃないかなー???楽しみ!

そしてもう1バンドは試聴から始まった片思いの相手(笑)、Dugout。
試聴機の前で動けなくなったから!ほんとに!
ライヴが楽しいのなんの!さすが恋の町八王子のバンドなだけのことはあります。
茨城のダブルフェイスとも仲がよくて、去年はダブルフェイス企画で
一度水戸にきてくれたことあるんですが、どうしてもまた茨城で観たくて、
声をかけさせてもらいました。
ダグアウトもレコ発。ハッピーになれることまちがいなしなんだろうなー☆
本当に楽しみでっす!

あと2バンド程、現在交渉中ですが、決まり次第発表します。

DELIRIOUS!!!は、毎週毎週ライヴに通いつめているわたしが、
本当に今観たほうがいいよ!って思えるバンドを集めたイベントです。
ばかみたいなこだわりかもしれないけど、
そういうイベントがあってもいいじゃない。
そんな人がいてもいいじゃない。

そう思って、細々とやってゆきたいと思います。

では6月10日お待ちしてます!
名古屋フェス 「SHINSAKAE MUSIC CIRCUIT」。
上げるの遅くなりましたが・・・


いやー、楽しかった!

4月1日・2日は、名古屋の4つのライブハウス行き来自由な
シンサカエミュージックサーキットというイベントへ行ってきました。
むしろ、行かないハズがありませんでした、と言ったほうが正しいかも。
大好きなNiw!のバンドが総出演なんすよ(泣)。
しかも、こないだのデリリアスに出てくれたheとsoulkidsも出演でした。
さらに、都内だったら絶対ぎゅうぎゅう詰めなフロアになるであろうバンドの時にも、
走り回れるくらいスペースに余裕があって、踊りたい放題踊ってきました!!!

ホーン隊がいなくなって、サックス1人だけサポートしてたマイスティース。
変わらず大好きだと思ったけど、あのバンドは、やっぱしトランペットの音がないとなー!と実感。

Niw!のバンドはどこも最高でした。
特にキュビ!
キュビのライヴ観たの久々だから単純にうれしかったというのに加え、
1時間という長めのお時間。聴きたい曲全部やってくれました。
ラスト3曲はPERFECT→SUNDAY MONDAYS→JAMAICA SONGという、カヴァー曲で締め。
どのカヴァーソングも大好きなんで、もーかなりアガっちゃいました。
そしてこれまた久々のリディム。
初日のトリということもあり、みんな酔ってた(笑)。
お友達バンドメンたちもたくさん観にきていて、楽しいライヴでした。
ひっさびさに聴けたフラッピン、やっぱしキモチイ!
明日も聴けるかなー???
フロンティアもアツすぎるステージを魅せてくれ、ほんとうに大満足でした!

あと、嬉しかったのが、千葉にアスファルトフラストレーションというバンドがいて、
このバンドも踊れるかんじで大好きなんですが、
彼ら、名古屋でも、ものすごい受け入れられていたんですよ!
アスフラ歴短いですけど、その中でもあんまり観たことがないほどの、
お客さんの盛り上がりっぷりでした!
本人たちも、あんなにウエルカムな雰囲気になるとは・・・ってかんじだったみたい。

soulkidsもヨカッタです。
前日もライヴで、当日は色々大変だったみたいですが、
お客さんもいっぱい入っていて、ほかのバンドのみんなも観にきていたりして、
とってもいい雰囲気でのライヴでした。
デリリアスとはまた全然違う印象を受けたなー。

ほかにもたくさんのバンドを観て、おいしいもの食べて、
幸せな気分で、茨城まで帰りました。
新幹線てほんと早いすね(笑)!
- | 01:07 | - | -
DELIRIOUS!!! Vol.2
終了しました!更新遅れまくりですけど(笑)!

来てくれたお客さん、出演してくれたバンドさん、SONICさん、
応援してくれている友人たち、
とにかく関わってくれている全てのみなさん、どうもありがとうございました。

今回は、もうなんていうか、もちろん楽しかったんだけど、
個人的には、色々思うところや反省点や自分の弱点が多々見つかった一日でもありましたねー。

イベントのみならず、お店でも、バンドでも、とにかく何にしても、
何かを『起こす』(『興す』でもいいかな)ことって、
ホントにパワーが要るんだなぁーって実感してます。
仕事とか他のイベントとかでは、何かをつくりだすのに、
誰かと一緒にやる、とか、手伝う、っていうことは普通にしてきたけど、
自分がメインとなって考えて、動いて、やり遂げる、ということは、大変なことなんだな、と。
それゆえ、学ぶことが多々あります。なかなかイイですこういうの。
デリリアスを通して、人間としての成長ができている気がする。
泣きたくなるときもよくありますが。
うん、まーわたし基本的に精神年齢低いんでね(笑)。
友達をはじめ、多くのバンドの人たちや、志同じくする各地のイベンターさん、
というかまぁ周りのみんな全員なんだけど、
こんなわたしのイベントでも、関わろうとしてくれて、
支えてくれて、応援してくれる人がいるっていうことがまず奇跡です。
ほんとうにありがとう。
音楽好きでいて、たくさんの人と出会えて、よかった。

さてライヴはどんなだったかっていうと。
全部のバンド最高としか言いようがなかった!
正直、純粋にお客さんとして落ち着いて参加したかったなーこんなイベント、
っていうかんじです。スイマセン。

人気も実力も常に上へ、のflashback。レペゼン地元イバラキ。
けっこう激しめなバンドっていう印象持っている人が多いっぽいんだけど、
いやー今のフラバは大人モードにおわせてますよ。
わたしは割とやさしめなメロディーの曲がすきかも。
ギターヴォーカルの石井くんは、ライヴ終わってから、
声出なかったーって気にしてたけど、
本人のその感想をものともしないような、力強いライヴアクトでした。

TOY。
まだライヴそんなに観たことあるわけじゃないのですが、最初観た時に惚れちゃったバンドです。
実は前回のデリリアスのときから声かけさせてもらってたんですよ。
主に千葉・茨城で活躍しているバンド。flashbackとは盟友みたいです。
ラスト2曲が、音源にもなっている2曲でした。どっちも名曲なんだなー。
とにかく声の表現力がすごい。曲も味があるのです。
もっともっと聴かれてもいいんじゃないか!?っていうバンドさんです。
要チェックスです。

he。
このバンドが自分のイベントに出てくれてるっていうのが、まったく不思議で仕方なかった。
だって、ファースト出た時から、本当に普通にファンでしたから。
ステージが、照明の熱で熱くて死にそうだったぽいのですが、
この日もすばらしいライヴをみせてくれました。
感想とか・・・書けないっすよ・・・(爆)
この感動をメンバーさんたちにあんまり伝えられなかったのが心残りです。
また水戸で会ったらウザく絡みたいと思ってます。
7月1日に水戸決まってるんですよ!
しかも対バンがアスパラガス!きええええーーーーーー(悶)
もう1バンド、ありえねぇヤバいあの人気バンド(うさんくさい笑)を連れてくるっぽいんで、
茨城県ロック市民は、7月1日、全員SONICに集合しましょう!

the chef cooks me。
好きすぎて、遠くから見つめることしかできませんでした(爆爆爆)。
前にもここに書きましたが、わたしが「イベントやりたい」って初めて口にしたのが、
1年半くらい前の、柏でカムバックとかシェフとかが出演してたライヴの
帰り道だったんですね。ちなみにその日は、初めてシェフの音と出会った日でもあるんです。
その時は、シェフを自分のイベントに呼ぶ日が来るなんて思ってなかったなぁさすがに。
そんな意味でも、運命的な瞬間が訪れたな、って感じで、テンパりまくりました(苦笑)。
その時に、イベントやろう!っていう話をしてた茨城の友達が仕事の都合で来られず、
一緒に観られなかったのが残念だけど、シェフのライヴはいつどこで観ても楽しい!
それに尽きる。
お客さんの反応もヨカッタ。
とあるコンピに入っている「アナログサンセット」という曲が大好きなんです。
この曲やってくれた時は、ほんと鳥肌立ちました。
シェフの代表曲と言っちゃっていいんじゃないか的曲の「SUNRISE」ではみんな踊ってたし、
「僕らの住む街」ではハンドクラップ。
もー全て忘れて、楽しかったぁー!
楽しそうに演奏している姿も含め、こんなにピースフルな雰囲気を作れるバンドとは
なかなか出会えないと思います。
カムバックマイドーターズのツアー、何箇所か一緒に回っているので、
まだ観たことがない、聴いたことがない人には、是非ライヴいってみてほしいな。
カムバックのツアーファイナルは渋谷クアトロ。ここにもシェフ出演します。
5月21日です。是非。

トリはsoulkids。
名古屋のバンドさんです。
ファーストが出たときに、某レコード屋さんで試聴して、
くわっ!と(どんなだ)度肝抜かれたのが、ソウルキッズとの出会いでした。
それから何度かライヴへ足を運び、やっぱりかっこいい!と思い、
前に手伝っていたイベントへの出演依頼をしていたことが、
今回の出演に繋がったというわけです。
ひとつまえの日記の「いっしゅうかーん」っていうのは、
soulkidsの「Friday」って曲のサビで、わたしこの曲が大好きなんです。
このツアー何箇所か行ったのにFridayは演っていなかったので、
水戸で聴けたのは本当にうれしかったです。
ツアーを通して、どんどん成長してて、
「届けよう」っていう気持ちがどんどん膨らんでいってるように感じます。
実際伝わってくる。
このバンドも、笑顔感が素敵です。観てるだけでしあわせになれます。
ツアーも後半だけど、からだに気をつけて頑張ってほしいです。
ツアーファイナルに出る名古屋の竹内電気ってバンドも、色んな意味で(笑)ヤバイんですよー。
行きたいなーでもリデ(以下自主規制
自身のツアーが終わると、今度はheのツアーのサポートなんですね。
そこに、前回デリリアスに出演してくれたSKYBEAVERやらが出演予定だったり、
こないだはエレキベースと対バンしてたり、っていうのは、
なんか、繋がってる感じがしてうれしいです。


そんなこんなでなんやかんやありましたが、DELIRIOUS!!! Vol.2、楽しかったです。
何度も言うようですが、お客さん、バンドさん、バンドスタッフさん、ソニックさん、
デリリアスを支えてくれてる全ての皆さん、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!
またよろしく!

というわけで次回デリリアス開催決定してるのです!
次回デリリアスについては、明日にでも、またこのブログに書きます。
日程・出演バンド等は、DELIRIOUS!!!のサイトのSCHEDULEをチェックスしといてください。

では、引き続きよろしくおねがいしまーす。
いっしゅうかーん
いよいよです!
今週末に迫って参りました、DELIRIOUS!!!Vol.2!

1年間くらい、ずっと「このバンドたちに水戸に来てライヴをしてもらいたい!」と
願い続けて誘い続けてきたわたしの想いが、やっと叶うのですよ。
ある意味、歴史的瞬間ですよコレ。
今回ばっかりは、水戸の音楽シーンを愛する皆様には、見逃さないでほしいです。
新しい風吹くよ。

コピペになりますが、告知文を貼らせていただきます。

------

DELIRIOUS!!! Vol.2】

3月19日(日)
@club SONIC mito(茨城県水戸市南町 モスバーガー地下)

OPEN/ 17:30
START/ 18:00

CHARGE/
ADV. ¥1,500
DAY ¥2,000

LIVE/
 soulkids
 he
 the chef cooks me
 flashback
 TOY

昨年12/14に発売となった'magnolia'のレコ発にて
現在全国を絶賛ツアー中の、名古屋在住4ピースバンド・soulkids。
今回のツアーでは、茨城初上陸してくれることになりました!

このツアー中、何箇所かでツアーサポートをしている
the chef cooks meとheの他、
茨城が誇るflashback・TOYが共演という、
水戸のライヴハウスに新しい風を送ってくれること間違いなしの
素敵なメンツとなっております。
こんな豪華な対バン、もうありえないかも・・・!

茨城県外の皆様も、水戸の梅の観光がてら、
ぜひ遊びにいらしてください。
皆様のご来場、心よりお待ちしています。

チケットは、各バンドさんまたはDELIRIOUS!!!宛に
メールにてご予約ください。
また、club SONIC mito店頭でも販売しております。

どうぞよろしくお願いします。

------

そうそう、茨城もちょっとずつ暖かくなって、今、梅が見ごろだと思います。
このあたりで調べてみてくださいな。

偕楽園は、日本3名園の1つで、庭園から千波湖を見下ろす景色とか絶景ですし、
梅が咲いてれば本当にキレイだし、納豆アイスクリーム売ってるし(多分)、
駅からもがんばれば歩いていけるので、茨城県民としては
せっかくの梅のシーズンなので、ぜひ立ち寄ってもらいたいのですよ。
週間天気予報見たら週末雨っぽいけど、わたしが晴れさせますから!

そんなほっこりした話題に触れつつも、何度も言うようですが、
DELIRIOUS!!!Vol.2は今週末3月19日開催です!
是非遊びに来てくださいね!
お待ちしております。
DELIRIOUS!!! Vol.2まであと1ヶ月切りました。
そーなんですよー
切っちゃったんですよー1ヶ月。

わたし、基本は、全体的にのんびりしてるのですが、
今回は、前回に比べて少ぅしだけ早めに動き出しました。ほんとすこぅしだけ。
デリリアスをひとりでも多くの人に知ってもらいたい、
デリリアスに出るバンドのライヴを観に来て楽しんでもらいたい、と、
それだけです。ほんとそれだけ。それ以上でもそれ以下でもありません。
ライヴ貧乏なわたしがやっている企画ゆえ、
デリリアスはいつ終わるかも分かりません(リアル!笑)。
なので、気になってる方には、とりあえず遊びにきてほしいなー。
とか言いつつ、実は6月にもデリリアス決まってます!
爆弾発言!ひゃほー☆

デリリアスのフライヤーは、今のところ、水戸ソニックさん、水戸ライトハウスさん、
つくばパークダイナーさん、千葉LOOKさん、大宮ハーツさん、宇都宮HRさんに
置かせてもらっています。
前回のようなきれいなフライヤーではなく、
わたしによる文字手描き&色画用紙切り貼りしたものです(でも印刷は白黒です笑)。
ショボいかもですが、「DELIRIOUS!!!」という字が書いてある小さいフライヤーを見かけたら、
ぜひもらってやってくださいね。

さてさて、だいぶ更新せずにいたこのブログなのですが、
その間にもたくさんのライヴを観にいってきましたよ。
デリリアスに出演してくれるthe chef cooks me企画@新宿MARZも楽しかったし、
ビークルとかユアソンが出たスペシャのイベント@リキッドはミラクル起こりまくりで楽しすぎたし、
Ken Yokoyama@水戸ライトハウスもアツかったし、
ついこないだのジャーナルスパイエフォート・ロストエイジ・フラッシュバック@ライトハウスも
すさまじくかっこよかったなぁー。

そうそう、the chef cooks meさんなのですが、
COMEBACK MY DAUGHTERSのレコ発ツアーをサポートすることになっているんですよね!
カムバック経由でシェフを知ったわたしなので、これはとてもうれしいことです。
カムバックとシェフで、茨城にも来てほしかったなぁ〜!
カムバックのレコ発は、ほかにも要注目なバンドがたくさん出ますので、
全国各地のみなさん、チェックしたほうがいいですよー。

それと、わたしが大好きなNiw!というレーベルがあるのですが、
そちらのriddim saunterというバンドが本当に良いのです。
彼らのライヴを最初に観たのは、2004年の大晦日@シェルター。
当時、ストレイテナーが大好きだった(今でも好きですけど)わたしは、
フルアーマーが観たくてそのライヴへ行っていました。
リディムは、友達が好きだと言っていたのだけど、わたしは聴いたことがなくて、
どんなんだろうなーと思いつつの初見。
その頃はギターロックにどっぷりだったので、すぐにピンときたわけじゃないけど、
体が勝手に動いて、思わず踊りたくなる衝動に駆られてしまう彼らの音楽にハマるのに、
そう時間はかからず、去年の春くらいからちょいちょいライヴへ遊びにゆくようになりました。
今は、昨年12月にリリースした「CURRENT」という超名盤のレコ発ツアー中です。
2004年の大晦日、はしゃぎながら踊っている人がほとんどいなかったフロア。
その客席が、今や、みんなの笑顔とハンドクラップと挙がる手でいっぱいなのを見ていると、
何かぐっとくるものがありますね。
伝わってるなー、広がってるなー、と。
ちなみにわたし、関東でのリディムのライヴ、高崎以外全部に足を運んでしまいました(笑)。
完全にイタイです(爆)。
でも、それほどまでに、楽しくて飽きないライヴをみせてくれるバンドなので、
もしまだ未体験な方は、まずは音源聴いてみるといいのではないかと思いますよー。
気に入ったら、レコ発遊びにいってしまいましょう。
リディムサウンターのレコ発ファイナルは4月15日@クアトロ。
が!!!
なんとこの日は、soulkidsツアーファイナル@ERAと日程がかぶっているのです・・・
なぜかぶるかなー(泣)。

さて、明日は、the chef cooks meとERAのブッキング担当さんの企画@ERAへ行ってきます。
デリリアスVol.1に出てくれたtrademarkも出ます
(わたし間に合わないっぽいけど)(トレマ予約なのに!泣)。

全然関係ないですが、あれ、恥ずかしいですよね、
わたし:「trademarkで予約したまゆっぺです」
おみせ:「あ、もう出番終わっちゃいましたけど、いいですか?」
わたし:「あぅっ、は、はい・・・」
っていうやりとり。
どうやらそれを明日実践することになりそうです(笑)。

明日のその企画には、茨城のバンドbronbabaも出るし、
かなり豪華なメンツだと思いますよ!
もしお時間ある方は是非遊びにゆきましょう。

そしてあさっては、これまたデリリアスに出てくれたバンドである
SKYBEAVERの企画@下北沢シェルターに行きます。
これも豪華メンツ!
heに、UMUさんのバンドに、ショーサキ!
楽しくないはずがないよ。
こちらでも是非ともに盛り上がりましょう!

じゃ、おやすみなさーい☆
soulkidsのライヴを観てきたよ。
1月9日。
出かけるつもりはなかったのですが、muleが関東にいるうちに
もう一度観ておきたい!って思ってしまったのと、
なんと言ってもsoulkidsが対バンってことで、
突然思い立って、熊谷までひとっぱしりしてきちゃいました。

到着したとき、hanetoが始まる前でした。
hanetoは、確か茨城のバンドだと思っていたのだけど、どうやら埼玉のバンドっぽい。
ガッデム!
以前水戸でライヴを観た時は、ちょっと苦手だなー、と思ったのだけど、
今回はあの不思議な感じも心地いいと思えました。

次はbronbabaさん。
ヴォーカルさんのマイクの位置低すぎない?と思っていたら、
そのまま姿勢を低くして歌い始めたのでびっくらこきました。
すごく個性的なバンドだと思った。
ちょっと苦手かも、と、最初のうちは思っていたけど、
聴いているうちに、これちょっとスゴイんじゃない?みたいな気持ちに。
また観たいです。
ちなみに、後から知ったのですが、茨城のバンドさんです。
茨城にもこんなユニークなバンドがいるんだなー、と、感心してしまいました。

そしてsoulkids
前にライヴを観たのは、いつだったか覚えてないくらい前のことなので、
ライヴを観るの、ほんっとうに楽しみにしていました。
とてもいいライヴだった。新しいアルバムの曲からのみだったかしら。
音源もいいけど、ライヴがもうステキすぎです。
ずっと聴いていたくなってしまいました。
時間がすごく短く感じたなー。
水戸にこのバンドの音が届くということが、本当に嬉しいよ。
3月19日、待ちきれません。

ラストはmule。
ヴォーカルが、機材のせいなのか、ヴォーカルさんの調子が悪かったのか、
ちょっとよくなかったかな・・・そこが残念でしたね。
ギターのヒラマツさんが誕生日ということで、数曲終えたところで、
イベント主催者のモルタルレコード山崎さんとソウルキッズさんたちから
ケーキのプレゼントが!仲間っていいね・・・(泣)!
前日よりも時間短かった気がしますが、じゅうぶん楽しめるライヴでした。

そうそう、熊谷といえばモルタルレコードストアですよ。
こちらの手がけるイベントは、山崎さん(店長さん)の顔の広さと人望もあって、
本当にいつもメンツが豪華だし、他の誰にもできないであろうブッキングをしていたり、
実際イベントに足を運べることはそんなにないけど、
イベント情報見てるだけでも、ホント刺激になるのです。
つたないながらもイベントをやる者として、モルタルの山崎さんは、一番尊敬できる人です。
モルタル行くためだけに熊谷行きたいとか思いますもん。
そう思わせるだけの何かが、あの店と山崎さんにはあります。
ライヴなどで熊谷へ行くことがあったら、是非モルタルレコードストア寄ってみてください。
モルタルグッズもかわいいYO☆
ライヴ初め。
明日は久々に雨が降るらしいね。
水戸は雪かもって。
雪って意外にワックワックできるんで、好きです。
ただ、車の運転こわいです。

さてさて、今年のライヴ初め、皆様はもう果たしましたか?
わたしのライヴ初めは、1月8日@O-NESTでした。
11月のDELIRIOUS!!!に出てくれたSKYBEAVERと、
3月のに出てくれるhe
さらに、わたしが世界一好きなバンド・BEAT CRUSADERSのクボタさんのバンドkuh
いつか水戸に来てほしいとひそかに思い続けているmule、という素晴らしいメンツ。
これは行くしかあるまい!てなわけで、行ってきました。
muleのレコ発です。

SKYBEAVERは、この日もサイコーなライヴをみせてくれました。
観るたびに、本当にいいライヴをしてくれるので、毎度、次に会うのが楽しみになります。
演っている側も本当に楽しそう。
純粋に音楽を楽しんでいる人たちだなー、っていうのが伝わってきます。
こないだのデリリアスで初めて出会ってハマってしまった、という人、
けっこういるみたい。嬉しいことですね!
そういった出会いをしてほしい、という思いは、
デリリアスをやっている上でとても大きいことなので。
SKYBEAVER、今後もたくさんライヴあります。
対バンも毎度いいバンドさんばっかりです。
2月には、he、short circuitfreakyfrog(元ビークルUMUさんのバンド)を
呼んでのスカビ企画があります。これは見逃せないですね!

kuh。
クボタさんがギター、sportsのベースさん、あとドラムと鍵盤?だったかしら?
見た感じ、ちょっと不思議なバンド。
だって、なぜかおしゃれ加湿器がステージの真ん中に!
ちなみにこの加湿器をセッティングしていたのは、trademarkおーちりさんです(笑)。
さすがクボタ社長といったところです。
曲も、クボタさん以外のメンバーさんについては、まったく知らずに観たライヴでしたが、
優しくて、雰囲気すごくよくて、クボタさん一生懸命に歌う姿にきゅんとして(笑)、
とてもいいもの観させてもらったな、というかんじです。
kuhは音源ができたらしく(アレ?制作途中だっけかな?)、
クボタさんのレーベルCAPTAIN HAUS REC'Sのコンピにその音源が入るらしいです。
そのコンピとやら、絶対アツイ!
そちら絡みのイベントも決まっているらしく、今後の動向が楽しみですね。

次はhe。
ライヴ観たの久々でした。
久々に体験したあの変拍子っぷり、逆に気持ちよかったです。
曲の終わり方が、「・・・ん?」って思うことが何曲かあったんだけど、
さすがのライヴアクトというかんじでした。
3月のDELIRIOUS!!!、本当に楽しみ!
2月のスカビ企画も本当に楽しみです。
さらに2月19日のNiw! selectionへの出演も決定しています。
アツすぎますね!
今年も注目してゆきたいバンドのひとつです。

ラストはmule。
おととし末に出たミニアルバムを、昨年はじめにタワレコで試聴して、
1曲目のイントロですぐに、わたしの度肝を抜いたバンドです。
ライヴは初めて観ましたが、やはり度肝抜いてくれました。
音源を再現しきれていない部分はもちろんあるけど、
それを差し引いても余りあるほどの迫力と、キラキラ・ピコピコ・四つ打ち。
わたしが嫌いなはずがない音楽です(笑)。
昨年6月には、次回デリリアスに出演のthe chef cooks meとのスプリットを出して、
8月にはそのレコ発で、地元徳島と関西、関東を回り、大成功を収めた模様。
7月には、BEAT CRUSADERSのツアー「アタック2005」への出演も果たし、
本当に本当に、要注目すぎるバンドさんです。
茨城でもライヴしてほしい!

そんなかんじで、わたしのライヴ初めは、こんなステキライヴでした。
幸先いいです。
今年も、いい音楽に触れ、新しいものと出会い、
そういうことができるというしあわせをかみしめて
日々を送ってゆきたいところです。
あけましておめでとうございます!
いやはや、あっという間に2005年も過ぎ去り、2006年に突入しました。
みなさんにとって、2005年はどんな1年でしたか?
わたしにとっては、本っ当に実りある1年でした。
出会いあり別れあり、涙あり笑いあり、もうほんと色々なことがありました。
なんと言っても、このDELIRIOUS!!!をはじめとして、
いくつかの音楽絡みのイベントに携わったことは、
わたしの人生において本当に大きな財産となりました。
2006年も、音楽でいっぱいの、実りあるいい1年にしたいですね。
今年もDELIRIOUS!!!をどうぞよろしくお願いします。

さてさて、サイトの更新が滞り気味な中、
DELIRIOUS!!! Vol.2の開催が決定していますよ!
現在出演が決定しているのは、
soulkidshethe chef cooks me、という、ステキなバンドさんたちです。
soulkidsは名古屋のバンドで、今回は12月14日に発売されたアルバム「magnolia」の
レコ発ということで、水戸初上陸してくれます。
前作が出た頃にsoulkidsを知って、それ以来ずっと大好きで、
前に別のイベントを手伝っていた頃から、水戸に来てほしいなぁ、と思っていました。
どの曲も合唱曲にできそうなくらい優しいメロディーに、とても個性的な歌詞。
そこにビートが合わさって、時にダンサブルに、また時には力強く紡ぎ出される音は、
なんていうか、大切に聴いていきたいな、って思わせてくれる。
1つのライヴで本当に色々な顔を見せてくれる、大好きなバンドです。

そして、今回のsoulkidsツアーで、何箇所かを一緒にまわるhe。
今や音楽ファンからの不動の支持を獲得しているthe band apartとの共演を果たすなど、
皆さんの目に触れる機会も多いバンドさんではないでしょうか。
かく言うわたしも、he好きじゃないはずもなく、
今回soulkidsと一緒に自分のイベントに出てくれると決定したときは、
小躍りしました。むしろ踊りました。
FURTHER SHORE」は、昨年前半ヘビロテしたCDのうちの一枚です。
前回、自身のレコ発で水戸に来てくれたときにももちろん観にいかせてもらっていました。
heのライヴは、久しく観ていないので、自分のイベントでそれを観られるのは本当に楽しみ!
新曲も聴けるのかな?

そしてthe chef cooks me。
このバンドとの出会いは、忘れもしない2004年10月@柏ZAX、
大好きなCOMEBACK MY DAUGHTERSが出演するイベントがあったので行って、
そこでのことでした。
初めて観る、名前も知らないバンドなのに、
キラキラとした踊れる音楽を鳴らしていて、さらにライヴがすごく楽しくて、
すぐに大好きになったのでした。
今思えば、あの日のイベントが楽しすぎて、
帰りの電車の中で「イベントやるのって楽しそうだよね!」と友達と話していたのが、
DELIRIOUS!!!の始まりだったように思います。
その友達も、今、the chef cooks meにとってはホームとも言える下北沢ERAで、
不定期にライヴイベントをやっています。
そういった意味でも、一方的ですが何かと縁を感じるバンドさんです。

追加があるかもしれませんが、今のところこのようなメンツとなっております。
Vol.1とはまた違った雰囲気になりそうなDELIRIOUS!!! Vol.2は、
3月19日(日)、club MITO sonic(茨城県水戸市)にて開催します。
ぜひ遊びに来てください!
どうぞよろしくお願いします。